美々乃ルクが説明するScheduleLook新機能

「ScheduleLook for Microsoft Teams」アップデート機能

まずはじめに

LookシリーズPR大使に就任しました美々乃ルクです。これから、本サイトやYoutubeチャンネルで、製品の活用術を伝えていきます。どうぞ、よろしくお願いします。

2月の特集は

お客様対応の「グループ配布」機能を追加!
最新機能をピックアップ

 

システム管理者によるグループ配布

 

システム管理者が作成したグループを、組織のユーザーに配布できるようになりました。管理者設定画面から、グループの作成や配布を実施することができます。
会議室一覧や備品管理など、利用者が予約状況を確認、予約の効率化をできるようなグループ配布を行うことができます。

 

配布グループは管理者側で作成できるので、利用者の操作が不要。
Teamsチームを超えて、よく使うグループを作っておけるわ。

 

予定の分類ごとの色分け

 

予定の作成時・編集時に、予定の分類を設定することができます。予定を分類毎の色分け表示をすることで、即時にどのような予定なのかを把握することができます。

 

 

 

共有メールボックスでの利用

 

任意のグループ(My Groups)作成時、管理者配布の配布グループ(Admin Groups)にて、共有メールボックスの追加が可能になりました。会社全体の予定を入力する「会社カレンダー」としての利用のように、組織間で予定を共有できる「組織カレンダー」としても利用が可能です。

 

モバイルデバイス版Teamsでの利用

 

モバイルデバイス版Teamsでも利用ができるようになりました。スマホやタブレットからも、ScheduleLookで予定の確認、作成、編集ができます。

 

メンバーの予定がパッと見て
分かる!

予定調整が必要になったら、まずはScheduleLookを開けば、スムーズに進められるわね。

 

続き・・・

Teamsの利用が始まったら

利用状況の把握が必要になるわね。

 

ScheduleLookで利用できるTeams会議や通話は、Teamsの機能としてログ収集ができます。ログを自動レポート化し、利用頻度や会議回数を簡単に把握できるサービスが「LogLook+」です。

例えば、Teams通話ログレポートでは、下記のような内容を可視化します。

● 会議/通話回数の多いユーザー・部署
● 会議/通話時間の長いユーザー・部署
● 外部ユーザーを含む会議/通話数
● ユーザー/部署毎の会議の回数/合計時間/平均時間
● 勤務時間外の会議/通話数

 

その他にも

例えばサインインログレポート

・クライアント操作ログ(2024年中提供予定の新機能):PCサインイン/アウトの時間を把握
・AzureADログ:誰がいつ、どこからアクセスしたかを把握

例えば監査ログレポート

・OneDriveの監査ログレポート:共有数、時間外操作数・部門など操作の見える化
・SharePointの監査ログレポート:サイト別アクセス数、ファイル名などの詳細を見える化

LogLook+は、利用状況可視化の他、監査ログとしての保持、セキュリティ強化としての可視化、Microsoft 365/Teams利用改善といった、いろいろな角度から活用できます。

 

Teams利用の利便性アップから、利用後のログ管理まで、利用者と管理者の両者をフォローできるのがLookシリーズよ

無料オンラインデモ

オンライン会議上で、製品のデモンストレーションを行います。インターネットにつながったパソコンさえあれば、ご利用できる無料サービスです。

無料トライアルのお申し込み

30日間の無料トライアルを用意しています。トライアル期間中は、管理者および利用者向けのマニュアルを提供いたします。また、サポートチームによるメール保守もついています。

お問い合わせCONTACT

CONTACT

弊社製品への問い合わせはこちらのフォームにてご連絡ください。

お問い合わせフォーム
Look Series

Lookシリーズを導入のお客様専用のサポートフォームです。

Lookシリーズサポートフォーム